ユベントスはメイソン・グリーンウッドをほぼ諦めた。その理由は…

 

【La Repubblica】

 

ユベントスはメイソン・グリーンウッド獲得をほぼ諦めました。

 

ジュントーリはグリーンウッドを気に入っていますが、フィールド外での問題をよく思っていません。

 

 


 

【編集長ズバリひと言】 

 

今シーズン、ヘタフェで見せたパフォーマンス、そしてユベントスの補強ポイントとなるウィンガーである事を鑑みると、グリーンウッドは喉から手が出るほどに欲しい存在であることは間違いなし。

 

しかし、「フィールド外での振る舞い」を問題視するジュントーリの判断について、編集長としては「ユベントスらしくて好感が持てる」であり、やはりどの時代においても、ユベントスはユベントスであって欲しいと願います。

 

まだまだメルカートは始まったばかり。

 

これからユベントスらしい選手を探せばいいだけの事ですし、それこそ新監督の下でコスティッチが本来のフォームを取り戻す可能性もあり。

 

ジュントーリの目利きを信じたいと思います。